FC2ブログ
大学3年の娘と高2の息子のママです。ハワイアンキルト・編み物などなど いろいろな事に挑戦中!!
ビブリア古書堂の事件手帖
2012年01月28日 (土) | 編集 |
読み終わった本です・・・

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


本屋さんで なんとなく買ってしまいました
いつもは、古本やさんとか図書館で借りるんですが
この本の内容が、古書店を舞台に繰り広げられる
ちょっとしたミステリー?だったので。
惹かれるものがありました

ブック○フとかのチェーン店の古本屋さんではなく
街にある小さな古本屋さん。

天井まで本がぎっしり入った本棚で埋め尽くされてるみたいな

昔は、よくそんな古本屋さんに行ったけど
最近は、行ってないなぁ。

本、けっこう好きだけど まだまだ読んでない本がいっぱい

実は、今日続きの本を買っちゃいました
アンケートに答えてもらった図書カードが
たくさんあったので・・・

パパの英語の本も一緒に買ったら、図書カードなくなっちゃった

またせっせとアンケートに答えなくっちゃ。





今日は、母のお誕生日

Happy Birthday
いつまでも元気で笑顔でいてね~



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2014/07/02(水) 23:26:50 | URL | 藍色 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋。 そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。 残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。 接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。 人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、 いわくつきの古書が持ち込まれることも、 彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見て...
2014/07/02(水) 22:36:38 | 粋な提案